協会について

理念

全ての子どもの笑顔が輝く世界を創り出す

パラリンっ子とは

運動を通して心とカラダを鍛えるお子さんの事を、パラリンビクス協会ではパラリンっ子と呼んでいます

パラリンビクス協会について

パラリンっ子が、大人と一緒に楽しく取り組むことができる運動を通じて、筋力や柔軟性などの肉体面だけではなく、自発力・集中力もアップさせていくためのプログラム「パラリンビクス」の普及。

仕事や働き方が制限されがちなパラリンっ子のお母さんや、協会の理念に共感するフィットネスインストラクター経験者に、自宅でも働ける「新しい働き方」を提案・提供する「パラリンビクスインストラクター養成」。

これら2つの活動を通し、パラリンっ子の輝く笑顔と、それに決して欠かすことのできないパラリンっ子お母さんの笑顔が広がることを願い、パラリンビクス協会を設立しました。

代表プロフィール

パラリンビクス協会

代表理事
あきさと あけみ

穐里 明美

1974年東京都生まれ。
バックダンサー「スクールメイツ」に所属していた14歳の時にエアロビクスと出会う。
1996年よりインストラクターとしての活動を開始。
その後インストラクター養成講師になることを目指し、世界最大のフィットネスインストラクター教育団体AFAAに所属し、27歳の時に最年少で認定校教官となる。
30歳で立教大学コミュニティ福祉学部入学。
松尾哲矢教授ゼミで障がい者教育等について学び、2009年同学部卒業。
2001年フィットネスインストラクター養成校LUCEを開校。
2017年4月には名古屋校をオープンさせ、両校で800人以上の卒業生を輩出。
現在も引き続き専任講師として、レッスン生一人一人に寄り添うマンツーマン指導を行っている。
2020年5月、株式会社Fair Heartを設立。
心・カラダのハンディを持つお子さんの為のフィットネス「パラリンビクス」をスタートし、パラリンビクス協会代表理事となる。

協会概要

協会概要

協会名
パラリンビクス協会
運営会社
株式会社Fair Heart
代表理事
穐里 明美
お問合せ先
info@paralymbics.jp
※通常2日以内(土日祝除く)に返信致します。